<< お試し無料レッスン >>
仙台二胡教室「牛吟庵」タイトル

牛吟庵

中国音楽研究室

- 二胡教室 -

 仙台で鏡深が教える二胡教室「牛吟庵」です。 二胡を習いたい方・中国音楽で遊びたい方、ご連絡ください。 あまりお金をかけないで楽しく練習できるようにがんばってます。3ヶ月間の「お試し無料レッスン」もあります。鏡深が中国在住時に収集した豊富な中国音楽の楽譜・資料も閲覧可能です。

・すぐにでも二胡を始めたい。という意欲的な方は >> 「仙台榴ヶ岡教室」へ
・まず教室の雰囲気を知りたい。と入門を迷っている方は >> 「お試し無料レッスン」へ
・というか鏡深って誰? >> 「鏡深について」へ



仙台榴ヶ岡教室(本部)

お問い合わせコチラから

★ 場所:
・仙台市宮城野区鉄砲町 --- JR仙台駅から徒歩 15分くらいの榴ヶ岡公園そば(鏡深自宅の防音室)。 近所に有料駐車場あり。仙石線榴ヶ岡駅から徒歩8分。

★ 学費:
2時間 個別レッスン:5,000円/回。準備・休憩を含めて120分くらい。(合間に10〜20分の休憩をはさみます。)
1時間 個別レッスン:3,000円/回。準備を含めて60分くらい、休憩無し。

・グループレッスン(3~5名) :5,000円/1ヶ月(2回)。各回、準備・休憩を含めると120分くらい。グループを構成できる人数がそろっている時に限ります。
・お試しレッスン(3~5名):無料。詳細は「お試し無料レッスン」のページでご確認ください。

★ 楽器:
・レンタル二胡(500円/週)は数に限りがありますので、ご利用の際は事前にお問い合わせください。

== 高出席率大感謝割引 ==

・4月~9月のレッスンに12回以上出席 (無料レッスンを除く)してくれた生徒さんは、続く10月~3月の6ヶ月間、レッスン代を2割引に!
・10月~3月のレッスンに12回以上出席 (無料レッスンを除く)してくれた生徒さんは、続く4月~9月の6ヶ月間、レッスン代を2割引に!

(但、仙台榴ヶ岡教室の生徒さんのみ)

- 上達のためのヒント -

二胡教室 牛吟庵 上達方法

1、自宅でも練習

ご自宅では次回までに課題を習得できるよう計画の上、練習しましょう。とはいえ、無理せず適度に休憩をはさんでください。

二胡教室 牛吟庵 上達方法

2、毎日練習

練習を1日休むと、1日分の上達を逃すだけでなく技術が1日分後退し、2日の損をする事になります。

二胡教室 牛吟庵 上達方法

3、全ての課題に挑戦

好きな曲だけ選んで練習していると、苦手が克服できずに技術が向上しません。嫌いな曲も積極的に練習しましょう。

二胡教室 牛吟庵 上達方法

4、難曲は後回し

実力に見合った曲で練習しましょう。習得できるか自分で判断できない曲は、その時点で必要な技術が足りてない証拠。

二胡教室 牛吟庵 上達方法

5、楽器を大切に

思うような音色が出ないのは楽器に対する誠意の不足。自分で調整し、楽器がどう演奏されたいのかを理解しましょう。

- 才極即痴也 -

鏡深について

 日本国仙台市出身。男。学生の頃から古書店を巡り本を死蔵する幻想文学好きで、中国の志怪や神話伝説から中国に対して独自の偏見と親しみ持つ。

 東北芸術工科大学卒業後、会社生活に適応できず放浪生活の末、たどり着いた中国大連市で二胡の演奏を叩き込まれる。 02年に中国音楽通販「壷天路」を立ち上げ、地元の瀋陽音楽学院付属の音楽学校で指導を受ける。民族楽隊に中胡兼二胡で参加、在中の日本人に二胡を教えつつ二胡の修業を続け二胡試験10級を取得。笛子・板胡・古琴・中阮など各種民族楽器を習い、多くの民族音楽資料を収集。

 08年の北京オリンピック開会を前にして「壷天路」を廃業し帰国。現在は仙台榴ヶ岡で二胡教室「牛吟庵」を運営。二胡楽曲集『牛吟譜』の制作・二胡材にする樹種の栽培をライフワークとする。

 節制(貧乏)に対しての探求にある種のこだわりがあり、納豆・漬物・みそ・豆腐・塩漬肉などを自作研究し、吹聴する郷土愛に反して地域経済への貢献度は極めて低い。平たく言うと、わずかな出費を回避するための莫大な労力を厭わないタイプのケチ。そのおかげで「牛吟庵」が存続できている、とも言える。

 座右の銘:食って行けないなら食わなきゃいいんじゃね?

 

業務連絡 ホームページ改装のお知らせ

宮城 仙台 二胡教室 ★ ちょっと業務連絡。前の続きは後で書きます。(読みたがる人もいないのだけど)

★ 以前から何度かgoogleの中の人に「モバイルに優しくない」と叱られていたのね。

 ページ作ってる無料の「SeaMonkey」が悪いような気がするものの、だからと言って、どうしろっていうの? と思って放置状態でしたが。暖かくなってきましたし、長年に渡り増改築を繰り返してきたページを再構築するために、ちょこちょこ実験しております。

 とはいえ、鏡深にデザインセンスを求められても困りますので、少しずつ。とりあえず、白石教室の募集ページを作りなおしてみました。もうちょっと画像を集めて、バランスを調整しないといけないような気がしますが、シンプルなので十分かもしれんです。

 (最近の流行で)ブラウザの幅を変更するとレイアウトも変化しますので、お使いの機械でご覧になった時に不具合などありましたら、お知らせいただけると、ありがたいです。
 鏡深はPCでしかインターネットしないので、その辺よくわからない。というか、あまり気にしてないのだけど、最近はスマホを使っている人も多いでしょうから、あんまり情報量を多くしてもイカンのかもしれない、とか。

▼ 続きがあります


定弦から中国音楽を愛でる

宮城 仙台 二胡教室 ★ 「牛吟庵」仙台教室は周辺が桜の名所ですので、現在は駐車場とかが探しにくくなってます。お車でおいでの生徒さんはご注意ください。酔っ払いとかも多いですので、変なのに絡まれないようにしてくださいね。

★ このところ、鏡深はせんねん灸のページを見ながら(すいぶん昔に買った)水牛の角でヒザから足首あたりをグリグリして、もだえておりますが。効いてるのか効いていないのかは、よくわからない。(なんかもう年寄くさいな)

 そのさい、どこか変なツボに入ってしまったかは知らないけど「それっておかしくね?」とか、面倒くさい事を考えていたのが下記の話でして。

★ 二胡の定弦は言わずと知れた1=D (1-5)の【D-A】です。それで、低音二胡の定弦は通常の二胡より5度低い所の1=G (1-5)で【G-D】ですね。

▼ 続きがあります

Gallery

 

- 牛吟譜 二胡演奏曲集 -

  • 2016年「丙申残念会」

    牛吟譜2016

    表紙色:赤・緑・青
    A4版 111頁

    ・二胡考級楽曲読本 [一]  
    ・F調第一把位使用の曲    40首
    ・F調第二把位以上使用の曲  40首
    ・♭B調第一把位使用の曲   40首
    ・♭B調第二把位以上使用の曲 40首
    ( 合計            160首 )

  • 2015年「乙未芋煮会」

    牛吟譜2015

    表紙色:赤・緑・紫
    A4版 93頁

    ・中国音楽家列伝 [一]     
    ・F調第一把位使用の曲   50首
    ・F調第二把位以上使用の曲 50首
    ・C調第一把位使用の曲   29首
    ・C調第二把位以上使用の曲 31首
    ( 合計           160首 )

  • 2014年「甲午お月見会」

    牛吟譜2014

    表紙色:赤・金・紺
    A4版 83頁

    ・やまごもりのススメ      
    ・D調第一把位使用の曲   34首
    ・D調第二把位以上使用の曲 45首
    ・G調第一把位使用の曲   39首
    ・G調第二把位以上使用の曲 42首
    ( 合計           160首 )



二胡教室 牛吟庵 鏡深演奏



  • 香福茶舗

    かつて牛吟庵で二胡を習ってた方。通販で台湾のお茶を買う事ができます。


  • にこにこ笛子

    笛子奏者bang-D1号様。時々生存確認してくださいます。


  • ぷらむふぃーるど

    中国民族衣装のイラストを描く、イシザキ様。2000年に二胡を拉く娘さんのイラストをいただきました。


  • 弦堂

    今ではほとんど使われなくなった、昔ながらの二胡用絲弦(絹弦)を通販で買う事ができます。

  • にこにこ通信

    掲示板は2000年から2006年まで日本の二胡愛好家交流の場。過去ログには鏡深の投稿が多数。更新停止、放置状態。


  • MyErhu 私の二胡の場合

    にこにこ通信時代からの二胡愛好者、千葉で二胡を拉くうえちん様。鏡深が中国に住んでた頃の話を当時イラストで紹介してくれました。


  • 浜松二胡愛好会 ”胡夢”

    にこにこ通信時代からの二胡愛好者、うな女将様。2013年から更新が止まってます。


  • 梅龍鎮

    にこにこ通信時代に二胡を習っていた、りゅーほー様。2006年から更新が止まってます。

  • 疇祉琴社

    古琴奏者伏見様。鎌倉にお住まいだった頃、演奏を聞きに行きました。


  • 仙台・宮城の総合リンク集&サーチエンジン仙台リング

  • 仙台リング

    仙台に特化した検索エンジン。お世話になってます。

  • 壷天路

    2002年から2008年まで鏡深が中国で音楽教材などを収集し、アレやコレやしていたサイト。現在は廃虚。



  • ※ ページを持ってる鏡深のお友達はリンクしますのでご連絡ください。

    - お問い合わせ -

    e-Mail:nikogurui@yahoo.co.jp

    ↑↑「」を抜いたアドレスで送信してください。